過去の作品の一部はこちら
     
   
 
急成長する巨大市場の誕生

世界のインターネットユーザー数は、今や8億人を越え更に増加し続けています。歴史上初めて国境のない巨大なグローバル市場が生まれたのです。
このマーケットの規模は、B-to-B市場だけで2002年には1兆9300億ドル(約240兆円)、2005年には8兆5300億ドル(約1066兆円)にも達する巨大さです。

2001年の我が国のGNPが520兆円ですから、3年後には日本のGNPの2倍を超える規模となる高い成長率が予測されています。

グローバルマーケティングに参加

難しそうなカタカナ言葉ですが、単純に言えば「ネット共通語である英語ウェブサイトを活用し積極的に情報発信することにより、商圏を世界に拡げ新たなビジネスチャンスを獲得する」ということです。

ビジネスインフラとしてのインターネットが企業に定着し、世界のIT化が急速に進展したことにより、企業の生産や調達の仕組みが世界的な規模で変化しています。従来国内の企業だけを対象に考えていた企業が、より有利な取引を求めて対象をグローバルに拡大して発注先を選択するようになったのです。企業がグローバル化に取り組まねばならない本当の理由がここにあります。

相互翻訳に関してはこちらを参照下さい。